ダンストンダイアリー




SMTWTFS
 1 2
 3 4 5 6 7 8 9
10111213141516
17181920212223
24252627282930

◆仁丹喉飴〜

スタントン55本も打ってたのね

青木、イチローのマルチマルチはテンション上がるけど、恐ろしいほど客入ってないな笑
球審のコールがあれほど轟くのも珍しいわ笑


最後に全然関係ない話を一席
案山子なお仕事終わりに駅から家路を目指す道中
薄紅色に染まった空の下
後ろを歩く母子の会話
子1「夕方の風は涼しくて気持ち良いねー!」
母「そうね〜(微笑)」
子2「ほんとだねー!」
前を歩くカップル「ふふっ、可愛いね(微笑)」
俺「ガロガロガロ(なんか今日は痰が絡む日だなぁ)」
親子と俺の間のカップル「ふふふ(微笑)」
俺「ぇっふん(なんでだ。風邪引いたのか。あっ、水道料金今日まで払わないといけないんだった。おろさねーとなー)」
橋の下のグラウンドで汗を流すサッカー少年達を眺める前カップルの男「…」
そのタレ「あれ?やってたんだっけ?」
男「いや。いいなって…」
タレ「ふふ、何それ(微笑)」
俺「ガロガロガロ…」

◆倒せよ!頼んだ!

連覇おめでとう!

やっぱり最後のアウトっていいね

◆僕のためのレシピ

バケツを用意します。

材料は、
・ナス
・水
・塩
・焼きミョウバン

まず、ナスをバケツの底に敷き詰めます。
次にナスが少し浮かび上がるくらいまで水を入れます。
お茶碗一杯の水につき、塩を小さじ2杯ずつ。
その中に焼きミョウバンを適量回し入れます。

ここが重要。
ナスを水に漬けたまま、すり棒のようなものでナスが潰れない力加減で上から200回ついていきます。
(センズリの要領で上から垂直に棒で水を押すように)

つき終わったら、バケツより少し小さめの木ブタを上からのせます。この時、フタの外からナスが浮き上がらないよう、ナスがフタの下に隠れるよう注意します。

最後はフタの上にバケツに入る程度の重石を数個のせて、半日漬け込みます。

出来上がりです。
(固めがお好きな方はセンズリ200回しないで、1日漬け込みましょう)

では

◆他にもあるけど思いは出せない

ふと思ったこと。

久しく口にしてない言葉って偶に出てきません?

今さっき現れたのが「鳴る」

成るはあるけど鳴るってそういえばあんま言わない。

「ベルが ー 」とか。

ベル持ってないし。

◆電車小旅行記

また電車に揺られている。

相変わらず見ず知らずの土地や駅の風景。

数えるほどの乗客は皆少しくたびれた表情。

斜め横のおじいさんは紙袋程度の手荷物を手元に置きながら、プリッツをつまみにワンカップをチビチビ。

真後ろのパーカー青年は数分の停車時間にご自慢の一眼レフで名も知らぬ駅をパシャパシャ。

思い思いの過ごし方といったところか。

思い思いって誰が言い出したのか。

この人の思い、あの人の思い、誰かさんの思い、略して思い思い。

今たくさん高校生が乗ってきた。

さて、この子らはどんな思い思いか。