「娘」-ハコイリムスメ(笑)-                                   



24時間限定リアルタイム


もうこの世の終わり!!!みたいに悲しくてシナシナに萎んだこと何回かあるけど、ちゃんと今幸せに生きてるからきっとこの先も大丈夫。



自分の目を信じる。
誠実さを。



怖くても痛くても真っ直ぐ受け止める。



ピュアで繊細な心を持ってる人に惹かれるし、私の大雑把で明るい性格に救われてると思う。



24歳までいじめ倒してきたから、もう二度とそんな可哀想なことはしないと決めた。
また箱に閉じ込めたくなる時もあるけど、思うままに。自分を生きろ、と。



ほんのちょっとした好奇心。
外の世界を覗いてみたくて、ひょいっと外に出てみたの。
覚悟なんて大層なものはなくて、出来心の様な日常的な気持ち。
綺麗な蝶を追いかけているうちに景色がどんどん移り変わり、遠い遠いところまで来ていた、みたいな。

さてどうしよう。簡単には戻れない距離だけど、戻る場所はそこじゃないんだ、と気づく。
行き先は分からない。急に心細くなる。
ほんのり温かく、キラリと光る何かを胸に。
どこかへ向かう。



自分を信じてあげるの。
しなやかに強くある。



「守ってあげたくなる」と言われたことを思い出す。
守られている幸福。



翌日一日中腫れが引かず、顔変わってると言われたくらい泣いた日もあったのに、忘れる生き物だ。



人から褒められるけど分からないことが多いから、もっとよく自分の魅力を知った方が良いのかもしれないね。



私が好きになった人が、私を好きにならなかったことないから、好きな人たくさん作れば良いね。



間違いなく好きだけど、いなくても幸せ。
だからなるように任せるしかない。
私の大事なひと。



むやみに孤独に溺れず、健やかに日々を全うする。
めまぐるしく移り変わる感情を、きちんと養分にして。



マイナスの同調をし合っていたとしても、一時的な安らぎになっていたことは間違いない。



滅多に褒めないシャイな人が「その服可愛いね」と言ってくれたのでずっと着ていたら、そのうち汚いよって言われたの思い出した。



日常のふとした瞬間に、とんでもなく幸せを感じられることに感謝してる。
日向みたいな犬の匂いとか。柔らかく注がれる日差しとか。



正直言って、一番好きな人よりも元彼に抱き締められていた時の方が幸せ。
そのことは少しだけ切ない気持ちにさせる。



世間で当たり前とされていることを部外者のつもりで見てみて。



大事に扱われて当然でしょう。



言われて嬉しい言葉は、
・品がある
・綺麗
・知的
・(雰囲気や物腰が)柔らかい

残念ながら、知的とはほとんど言われたことがないので願望。