「娘」-ハコイリムスメ(笑)-                                   



24時間限定リアルタイム


彼は甲斐性のあるひとなので、もっと頼って良いのです。無茶はしないしさせないひと。



世の中は甘いと信じているけど、人生はナメてない。



世の中”なんちゃって”で溢れてるけど、〇〇さんは本物になれる素質があるから、という言葉を胸に。今は耐えることにした。



無かったことに出来る、と思った。
もしかしたらそんなに悲しまないかもしれない。
でも無かったことにはしたくないんだ。
どちらも認めることで、本当にどうしたいかが分かる。



温かいハーブティーやこっくりしたポタージュが美味しい季節。最高だね。



無防備に話しすぎないことは、自分を守るために必要。
自分で話し始めたことでも、途中からボロボロ欠けていくのが分かる。



「私をコントロールしようとしないで!!」って小さい時から思っていて、今でもじゃじゃ馬扱いされる。



話した後、どす黒くて重い何かを飲み込んだみたいな感覚になる時がある。
人の気持ちは強烈だ。



柔らかくなろうね。
身体も、心も、音も、色も全部。
柔らかい方が好き。



ツーショット写真見るとやっぱりお似合い。



温かいお風呂に入って、柔らかいお布団に包まれて眠る。
朝はハーブティーを飲んで身体を温め、ほぐす。

幸福だね。



2人の空間は現実から切り離されているようで、ふわふわしていた。
今はしっかり地に足をつけている人を好きになったことは、私が成長する為に必要な段階なんだということ。



2人で寄り添っていると、双子のような不思議な感覚になった。幼くて平和で安らかで。
あの安心感には二度と出会えないのかな。
お互いが甘ったれた気持ちになってしまうくらいの。



久しぶりに出た嫉妬。
誰かの基準で見てるとき。



クリーム色のファーコートは私のお気に入り。
我ながらキラキラしていると思う。



1人だけではない。
でも大切な1人であることは間違いない。
私がどうしようもなく好きなところ、光の当てる場所が違うだけ。



「愛とは、相手の為に自分を律する力を要する」

自立すること。



「こんな可愛い子(放っておくの)無理だよ」と言われたこと思い出してジワジワ嬉しくなってる。



太陽みたいな人。
支えられていることを実感する。



変わったね、と。
責任を負うことは窮屈さを伴うけれど、その枠が人の輪郭を強くさせるのかもね。