「娘」-ハコイリムスメ(笑)-                                   



24時間限定リアルタイム


今日の私はとろとろに甘えたい気分だ。
深夜と明け方2回とも元彼の夢みたからかな。
あーん。優しい毛布にくるまっているような気持ち。



愛に溢れた温かい人。
離れていても、温もりを感じられる。



私のいびつな性格を気に入ってくれている人達から、「どう育てられたらそんな風になるの?」「愛情たっぷりに育てられたんだね、ご両親のおかげだね」と言われてふと考えた。

私は一切親の言うことを聞いてこなかったし、良い娘ではない。今も。

でも私がこんなにのびのびと生きてこられたのは、言うことを聞かなくても、良い子じゃなくても、色々言いながらもとんでもない好き勝手の数々を許して(?)くれた親のおかげに他ならず。

同じ家でずっと生活してきたとは思えないくらい、価値観も性格も違っていて仲良しな親子ではなかったから、こんな風に思う様になるとは思わなかったけど。



愛がなかったのではなく、知らなかっただけ。



あ、そういえばあの人の誕生日過ぎてた。
良かった。



笑顔の作り方でその人のこと判断する傾向にある。
本当はもっと細かくて多方面の非言語情報から判断してるのだろうけど…。



「この人と結婚して欲しい」と言われた。
私もしたい。



彼は甲斐性のあるひとなので、もっと頼って良いのです。無茶はしないしさせないひと。



世の中は甘いと信じているけど、人生はナメてない。



世の中”なんちゃって”で溢れてるけど、〇〇さんは本物になれる素質があるから、という言葉を胸に。今は耐えることにした。



無かったことに出来る、と思った。
もしかしたらそんなに悲しまないかもしれない。
でも無かったことにはしたくないんだ。
どちらも認めることで、本当にどうしたいかが分かる。



温かいハーブティーやこっくりしたポタージュが美味しい季節。最高だね。



無防備に話しすぎないことは、自分を守るために必要。
自分で話し始めたことでも、途中からボロボロ欠けていくのが分かる。



「私をコントロールしようとしないで!!」って小さい時から思っていて、今でもじゃじゃ馬扱いされる。



話した後、どす黒くて重い何かを飲み込んだみたいな感覚になる時がある。
人の気持ちは強烈だ。



柔らかくなろうね。
身体も、心も、音も、色も全部。
柔らかい方が好き。



ツーショット写真見るとやっぱりお似合い。



温かいお風呂に入って、柔らかいお布団に包まれて眠る。
朝はハーブティーを飲んで身体を温め、ほぐす。

幸福だね。



2人の空間は現実から切り離されているようで、ふわふわしていた。
今はしっかり地に足をつけている人を好きになったことは、私が成長する為に必要な段階なんだということ。



2人で寄り添っていると、双子のような不思議な感覚になった。幼くて平和で安らかで。
あの安心感には二度と出会えないのかな。
お互いが甘ったれた気持ちになってしまうくらいの。