屋根裏部屋より



◆したたか


そうか、意味が違ったか。
最後の言葉が「愛してる」で余計そう思ったって言ってたから不思議だったけど、それで納得した。

手段を選ばない、とかあったから、勘違いしてた。
ごめん。



◆私信


したたか、かぁ。
そう言われれば、結婚当初はそんなことも少しは思っていた気がする。

その後、藤原紀香という化け物が登場したから忘れかけていたけどね。

でも、そうだなぁ。
梨園という世界に嫁ぐ人は、多少なりともしたたかでないと務まらないと思うのね。
あと、基本的にしたたかでない女はいないと思っているので、私は。←つまり、そう思う程度のしたたかさを私は持ち合わせているということなんだけど。

どちらかというと、したたかさより薄っぺらな人だと思ってたんだよね。
麻耶さんはプロだな、覚悟決めてるな、って思ったけど、麻央さんにはそれがあまり感じられなくて。

でも、もしかしたら全然違う人なのかも、と思うようになったのね。
そう思うようになった理由はうまく説明できないんだけど。


まだまだ生きたかっただろうし、心残りはたくさんあるだろうけど。
それでも、病院ではなく自宅で過ごせたことは幸せだったんじゃないかな。
そうしたくても出来ない人はたくさんいるんだし。



◆小林麻央さん


ここ数ヶ月、時々、本当に時々だけど、不謹慎ながらYahoo!ニュースを開く時に、小林麻央さんのニュースが出るんじゃないかと思っていた。

それなのに、昨日、職場で、
「小林麻央が亡くなった」
と聞いた時、何が起こったのかわからなくて混乱して。
しばらくして、とうとうこの時が来たという気持ちと、そんなはずはないという気持ちと。

後で、全面的に訂正して謝罪するけれど。
海老蔵が麻央さんと結婚することになった時に、
「あんなに偉そうなこと言っていて、最終的につまんない女を選んだなぁ」
と思っていた。
やりたい放題で周りのいうことなんて聞かないって態度だったのに、結局は後援会やその他諸々の大人の機嫌を損ねないような人を選んだんだね、って。
やりたい放題ならそれを貫けばいいのに中途半端に大人になりやがって、って。

麻央さんの病気が公表された時、私は年一度の健康診断の日だった。
その会場の待ち時間にテレビから流れていた海老蔵の会見を見ていた。

その後、麻央さんがブログを開設して。
辛くて全てを読むことはできなかったけれど、読ませてもらった文章からは何が伝わる気がして。
キャスター時代には伝わらなかったものが、病気になってから説得力を持って人に伝わるようになったことは皮肉なことだけれど。
その時に、初めて凄い人だな、海老蔵がこの人を選んだのはこういうことだったのか、と腑に落ちたような気がした。

つまんない女だと思っていたこと、本当にすみませんでした。
海老蔵があなたを「人ではないような」と形容していたけれど、本当にそんな人だったのだろうと思います。



◆私信2


今、見ました、がま口会の件。

営業事務の人だけではなかったですね。
教えっこの人とかいたら少しは良かったんだろうけど。

大変だった数年の記憶が抜け落ちてるくらいなんだから、完全に平気になるのは時間がかかるのかもしれない。
でも、あなたがそれで自分を責めることのないように、と思います。

教えっこの人やランチ部部長や、仲の良い人と楽しい時間が持てますように。



◆私信


大丈夫かな?
ケンタッキー、ちゃんと味したかな?

しばらく営業事務の方のことが話題にならなかったので落ち着いたのかな、と思っていましたが。
落ち着くどころかって感じなのだろうか。

体も大変なんだからなるべくするーできればいいんだけど、相手が相手なだけになんとも言えないなぁ。