屋根裏部屋より



24時間限定リアルタイム

◆歩粉さん


京都、京都にオープンですってっ??
世界一美味しいスコーンのお店がとうとう復活したのね。

東京のお店が閉店してもう何年かな。
こんな嬉しいお知らせが聞けるとは思わなかった。


◆私信


心配してくれたのに、返事が遅くなってごめんなさい。

こちらでは台風あったの?レベルで何事もなく無事に過ぎました。
日本海側を通ったからかな?
雨も風もほぼなく、ただ昨日は異様に蒸し暑かったです。
ありがとうね。

亡くなったのはご想像通り、知り合い宅の犬でして。
前々から具合が悪いことはあったけれど、心臓の病気を発症してからあっという間で、なんだか気持ちがついていきません。

ちょっと仕事してきます。


◆まただ・・・


今年はなんなのかな。
お母さんに続いて、娘まで亡くなるとは思わなかった。

もしかして、来月のお留守番を不安に思った私に気を使ったのかな。
不安に思っていたのは確かだけど、だからってこんなことは望んでいなかったよ、ほんとだよ。
もし、そんな気を遣わせちゃったのなら、本当にごめんね。

昨日会った時が最後だなんて思えなかった。
明日、また会いに行くから会えるんだと思いたかった。

ずっと苦しかったね。
今まで、よく頑張ったね。
今は、あなたがそっくりだったお父さんに会って、大好きなお母さんに甘えているかな?
そうだったらいいな。

◆先月と今月


仕事の休みがめっちゃ多い。
ほぼ、専業主婦状態。

8月にそんなに働いたつもりはなかったけれど(うさの人に会いに連休取ったし)、過去最高の勤務時間だった模様。
そういえば、お盆前後はあんまり休みがなかったような記憶。

というわけで、扶養範囲から外れてしまいますよー、と会社から言われ、休みが増えているところ。

私に専業主婦は絶対に無理だわ。
時間があればある分、怠けているだけ。
自己管理が全くできない。

そんな自分が情けなくはあるけれど、多分、改善するのは難しいと思われるので、せめて仕事はコンスタントにしよう。
その上での家事の方がまだ多少はできている気がする。

◆私信


誰かと一緒に暮らせることが、お父さんの一番安定する要因だったのかな。
仕事でいない時間があっても、確実に帰ってくる人がいる、と思えることが。

なんだかそう考えると切ない。
お父さんの傷が透けて見えるようで。
今まであなたから聞いていた諸々を考えると簡単に仕方ないとは思えないけれど。

お母さん、めっちゃ頑張ってくれたんだね。
みんなの為に一番いい方法を考えて考えて、そのように配置(という言い方は語弊があるかもしれないけれど)してくれた気がする。