realing.











24時間限定リアルタイム


ああくそ
こんなとこに
何書いたって
何吐いたって
無意味って事ぐらい
知ってんだよ


分かってっけど

分かってっけどさあ!

じゃあ、
どーしてほしいんだよ!?

あたまがいたい
良くしてくれる人さえ
信用
出来なく、なる






この世で1番醜くて

この世で1番
恐ろしいのは

自分だ


あの目でみてくる
幼い 自分

あいつが
夢に
出てくる

忘れるなって

言っているみたいで



気持ち悪い



気持ち悪い

息苦しい世界だ





人間らしくなれたと
思った

馴れ合うことは
性に合わなかった


諦めていけばいい
手放すことなんて
上手だろ?って
笑う


人を否定する、ってのは
何時までも引きづる

めんどくせえ
情ってもんが
邪魔をする




最近
朝がきて
音を聞くようになった


無駄に生きる
この音

この音が止まるのを
願って止まない
人間。




最近
朝が嫌いだ

蒼すぎる青が広がるほど
なんだか
何時までも世界に
嘲笑われているような
そんな気さえして


酷く 残酷だ




居たくもねえ
人をモノとしか思ってねえ


よくわからない
友人

思い通りにいかない身体

リスクが高い社会




そんなに自分を責めるなら
殺してくれりゃ
良かったのに






死ねたら。

楽なんだけどなあ…



明日とか
考えんの もう
面倒だわ



ただ
ダーツが 刺さる音だけが
心地よい





がむしゃらで
必死で

つかれたなあ



あー
面倒だな
今週金曜か?
話し合いは。

もうあっちもこっちも
騒ぎすぎで疲れるわ。

とりあえず
一つ一つちゃんと
逃げねえで
相手はすっからさ

一度に
押し寄せ好きなんだよ
本当、。


休みも休まらんし
疲れる人生だ

今日もこんなに
しにてえのになあ

銃とかある
外国なら
パンッ!って一発やりゃあ
スグなのにな。



早くねたい
無駄なこと
なにひとつ
考えなくていい

眠りたい



朝って

残酷だよなあ



それなりの
大人を、
してるって。
そう
学生の頃は
思ってたんだけどな…


まだ
困難な道を歩いてるよ

抜け出せないみたいだ
どうやら
自分は道の進み方も
下手らしい。



記憶喪失になってさ
なにもかも
忘れてしまえば
らくなのかな
とか
そうなれば
今の自分じゃなくなるし
出来ればそのまま
思い出さずに



最近 無性に
きえたいんだよね。


みんな忘れてくれたら
いいのに。って
思ったりも。
する…





って
そんな話をした時の.さ、

いつも
へらへらしてるくせに
超真顔でさ
忘れないよ、

ってさ



目が
なんとなく
直視出来んかったんだよな





ごめん
それでも やっぱり
自分は
きえたいんだよ






ねよう
また明日がくる

やっと全ての柵から
解放されて
明日、が
楽しみになった頃

きっと自分には
命の期限が迫る頃
なんじゃないかとか
思う。



無駄に つかれて
つかれて
長生きするなら
もういいやって
思ったって良いじゃないか

別に
誰も
何とも思わないよ




しにてえ。



あれか?
夜中にぷらぷらしてりゃ
率あるか?




はあ



ねるか



やっと今日の
予定終えたら
こんな時間。
もう何も考えたくないや
何もしたくない

だって全部
無駄なんだわ。



本当に
文字通りの
1人になる為には
やっぱり
海外移住か?

県外でもいいけど
結構離れた地に行きたいや


んで
誰に干渉されるも
誰に影響受けるもなく

自分の好きに生きるんだ


はあ



職場も結局は
体調次第だしなあ
どんなに頑張ってもさ
報われないんだよな

少し風邪ひいたら
すぐ持病を持ち出す。

好きで病気になんか
なったんじゃねーっつの

心配するふりして
お前らが私にしてるのは
追い詰めだぞって。

どこも同じだな




さっさとしにてえな
今でもいいのに。
誰か
刺し違えてくれねーかな






つかさ
そんな話が
いい話なんかじゃねーことは
自分が分かってっけど

吐き出していい場所がさ
何処にもねーんだよ



なんのストレスもなく
生きたい

どーすりゃいいんだよ
自分は。





夕日が最近すき。
夜を連れてくる赤がすき。

今日も変わらず
しにてえって願う
仕事では
誰かを生かすくせに。

あんなふうに
自分が
逝く事は
出来ないだろうと思う。

生きたことに
感じるのは
達成感だと思う。
やっとしねるって。


左足首が痛かったけど
最近は
右足の膝上あたりも
痛み出した


40度の熱でもまた
出ねーかな
もう生きようなんて
思わないから
また でないかな


誰にも気づかれず
逝きたい
どうせ 生きてても
ひとり なんだし
何時だってガキの頃の自分が
見てる

あの目で



つかれたや
それだけだ。本当。



神様とか
信じられないから

乗り越えられる試練しか
与えない、ってさ。
なんだよ
どんだけ 生まれから
試練ばっかなんだ

乗り越えられない
やつがいるから
じ、さつが たえないんだろ?


いつからか
信じられないから

あの公園の
1本だけ 離れにある
桜の木に
近況報告じゃないけど
見あげに行くようになった



ガキの頃も
自分は間違ってないですか
とか
自分は皆とは違いますか
とか
無駄にきいたなあ笑


中学ん時は
輪が 出来たよって。
泣いて ちゃかされたなw


高校ん時は
なかなか
出来ない友達に辛くて
見上げて


二十歳には
病気から復帰してから
見に行った

壁に当たる度行った

家族から
理解が得られないときも
家出した日も

壁に 当たる度




みんな
離れにまとまって
植わってるのに

こんなところに
1本だけで立ってるの。

ひとりなのが
同じ気がして




次の休みに
行くかな


なんとなく
また来たのか、って
思われてそうだけど