realing.











24時間限定リアルタイム


人を
傷付けることで
自分を守る生き方しか
出来なくて
ごめんなさい。


もう
人と馴れ合いません

自分が信じられなくて
身内も 身内だから
信じられなくて
友達という他人もならば

もう

一人で、います


縋りついたりしない

求めたりしない


だから
皆が傷つかないように
それなりに
笑っていられるように







自分が捨てれば
いいだけだ

あの頃みたいに

元々
他人に関心がないくせに
性に あわなかったんだ



頭と
心と身体が
バラバラで

なんでこんだけ泣いてきて
涙って
枯れねえんだろうな


何気なく歩いてるだけで
泣いてたとか
何だよってな

挨拶したら
すげ びっくりされて
なんだなんだと思ったら
泣いてたわw
もうやばいやつだろww




全てのおもいよ
雪のように
とけて
きえて

なくなれ。



愛と哀と
恋と故意と

恋愛と連逢


それぞれ
似ていると
思う、漢字


愛するというのは
同じくらいに
哀するということ。

恋というのは
故意、すること。
自分の行為から
一定の結果が生じることを
認容しながら行為に出る
心情


恋愛と
連逢
幾多の連なりの中で逢う事



私の考えなだけだけど
愛せば愛す分
哀しみも分け合う




愛だの 恋だの
そんなんの前に
人間関係立ち回れよ、って

あー
本当に人信じられんからな
一人な気しかしないわ


まあ
異性に大してって
訳じゃなくて

全ての人に
当てはまるんだけどさ

愛っつっても
家族愛とか友情とか
いろいろな。




さてと。
とりあえず
無駄口だわ

懐かしいこの曲なんだっけな
急にサビが頭に響く
なんだっけか…



男性が
何で煙草を吸うか

大人になると
幼い頃は
泣けばよかった
駄々こねりゃ良かった

そんなんが
出来なくて

何か吐き出したいのと
一緒に吐き出す
そんなん
だから
煙草を吸う奴って
年配が多かったり
すんじゃん、


って
なんかこないだ
ダーツバーで
スモーカーな奴から
聞いたんだが



自分の 歌と
同じかもって思った


なんで そんなに
歌えるの
上手く歌う 方法は

聞かれた事は
何回かあったけど
ぶっちゃけ自分でも
わからない


ただ

小さい頃から
歌ってたかもな


帰り道の 公園で
ドラマとか
なんかの歌

歌詞の綴る感情に
浸って
歌だけは攻めないし
イライラすれば
吐き出す曲

どちらかって言うと
静かに
ただ 静かにいたかったから

自分は
そんな 伸ばす曲ばかり
歌ってたか


歌だけは
優しいから


歌詞の意味なんて
知らないガキが
毎日歌ってた
妙な光景だったろうな


小学校で
昨日の歌って何?とか
聞かれたりもしたっけ









歌だけは今も 優しい

発信しようと思わずきたのは
自分の為だったから
何だけど
夏に背中押されたんだよな

体調次第だけど
またそのうちね
助っ人くらいわするわ


ライブハウスの奴らにも
挨拶いかねーとな…

面倒だけど
仕方ない

礼儀はしっかり
しねーと。うん、



ああ 今は
会いたくねえなあ…



能天気に
今までの人生
同じ分の年数
生きてきた奴等

みると

それだけで
不快だ


楽な人生でいいな
舗装された道で。

クラスの居心地が
最低だったのは
そんな感情もあったから
なのかもしれない。





生まれが違っただけで
差が出る
みんな同じなはずのに
みんな違くなる






かわいい、とか
明るい、とか


自分の根を知らないから
表の面しか見せてない時の
評価が そんなんでさ

他人から付けられる評価
よく 笑う子

それが
どれだけ傷ついたか
笑いたくて笑ってる訳じゃない
上手くやるために
笑ってただけ


みんな
表向き良くて
いるのが楽しい

そんな奴等だけが
正常で
友達になりたくて


そんな 世界だからな
ここは


だから
笑ってれば良いんだろう
嫌なことや
面倒ごとは
切り捨てる


なんとも
楽で合理的な生き方だ



そんなんが
平然と出来る
そんな普通に
私もなれれば良かったのかな




無理だったから
まぁ
自分なんだが





何が正しくて
何が間違いで
それは そいつら
本人の中で決まる事だから
正解なんて
ねぇんだけど


あー
考え同じ奴らと
付き合いてえな…


まあ
そんなヤツらを
探す前にもう
疲れてるからなー



あーやり直してえw
小3位から
一人で生きてりゃ良かったわ

グループとか
ふざけた事するから
だよな
学校とかがw


馴れ合いすぎるわ
あれこそ



無駄につるませてさ



あー
イライラしかしねえ

上手く生きるの
絶対無理だわ自分
ウケる



自分が
関わると良いことはない

自分が
関わってはいけない


散々気を使わせた
もう
自分の知らない所で
それなりに
幸せになってくれてれば
それでいいんじゃ 、とか



自分は本当に
何にもないなあ

ただの馴れ合いなんて
要らないなんて言いながら

傷つけるしか脳がないくせに
縋っていたのは
自分じゃないか



もう
なんか いいなあ
今までだって
自分のことなんか
何回も殺してきたじゃないか

それで上手く回るなら
もういいや

中途半端は嫌いだし
下手な付き合い
っていうか

そもそも
人と付き合うのが
自分は苦手だ

いわれたなあ
あれは
誰に言われた言葉だったか

親だっけ
遠い 記憶だな


人と馴れ合うなって

その意味はさ
小3位に何となく
理解した
誰かに
必要以上の深入りを
するなって事なんだって



兄妹で自分だけが
年相応じゃなくて

一人でいた自分が
一番下手な事で
苦手だろうからと


きっと自分に
人とのトラブルを
持ってほしくなくて
言われた言葉だったんだと
思うけど


顔が思い出せなかった
自分が助けた形になった
あの子に
プレゼントを渡された時
受け取れなかった

そういう
助けたい、とか
綺麗な理由じゃなかったから

自分が嫌だっただけで

向こうにしちゃ
それでも、って
結果的に助けてもらった、
ってなるんだろうけど

自分が断って
その子は泣いて
先生に聞かれて

でも
あの頃もこういう時の
自分の感情を
うまく言葉に出来なくて


プレゼントを拒否られた
悲しい

受け取ってあげなよ

そんな風に
結果論だけしか見ずに
私の感情は置き去りで
殺されてきた



昔から
浮いていた自負はあった

周りにうまく溶け込めない

でも
それでもいいって
割り切れていたあの頃は
今よりずっと
強かったよな


人の輪の
心地良さに臆病で
意見は言えず

その場その瞬間には
置き去りで野放しにした
感情はいくつも
転がっていて

それで
この輪が保てるならいいやと


でも
やっぱり自分は
傷つける側の人間だ

あの子の泣き顔が
離れなくて
嫌になって
投げ出した日もあった



何かに思い悩み
こんな風になる時
自分の両手を見る癖が
未だ離れない




高校のとき
何気なく出たこのくせに
後ろから突っ込まれて
ひやっとした


今もまだ
変わらないんだと
気づいた瞬間だった





馴れ合うなって
言われたのに

あん時の自分は
生意気だったから
だから一人でいるじゃん、
とかって
返した気がする






どうでもいいや

どうでもいいっていうか
どうでもいい訳ではないけど
自分が関わるのが不幸なら
離れよう

今までと変わらないさ


自分の知らないところで
笑ってりゃそれでもう
いいや





生き急いで
がむしゃらで
こんなんで




つかれた



静かに きえたい


自分のことなんか
忘れて生きていけ


それをそんだけ
望むんなら


それで いいや