り あ ー る

   
REAL




 新人合同自主トレ期間中に行われている新人研修会で16日、メンタルトレーニングについての講習が行われました。

 専修大学スポーツ研究所の佐藤雅幸教授らが、これまで指導してきた中で得た様々な経験や、野球以外のプロスポーツ選手の事例を示しながら、メンタルトレーニングの効果、心理技法の習得方法、ものの考え方、目標設定の重要性などを伝えました。

研修の中では、1984年ロサンゼルスオリンピック男子体操チームで監督を務めた阿部和雄氏が当時、選手たちに伝えた言葉「選手になれば、毎日自分の壁に立ち向かう。それは運命。そこでもういいやと思ったら、君のレベルはそこまで」などを事例に挙げた、「言葉の力」についての話や、コイン10枚を並べて、選手2人が交互に1枚もしくは2枚を取り合い、最後の10枚目を取った者が勝ちというゲームも行いました。このゲームは目標設定のワークを体感するためのもので、感性と、何枚目のコインを取れば負けないという論理的思考・戦術をうまく合わせることを目的としたものです。

 研修の最後に佐藤教授は「うまくなるために、強くなるために、勝つために、『情熱』と『哲学』を持って、『貪欲』に行動することがとても大事です。そして、自分自身を『でっかい木』に育ててください」と選手たちに伝えました。

 初めてメンタル講習を受けたという鍬原拓也投手は「最初はどういう話なのかなと思っていましたが、話を聞いてみると一つ一つが大事な話で、改めて考えさせられることもあるなと思いました」と話し、「何に対しても自分で限界をつくらない」と言われたこと対し、共感を持っていました。
コメント(0)


Going(1月15日)
坂本「メシくうのは はじめて(テレビの前で)
野球の話はなんやかんやする」

メンタルは関係ない

辻 桜井俊貴 宮國田中畠などの選手もいます


坂本「なにしにきたの?
こういう機会ないときけないじゃん(おこ)」

坂本菅野間は先輩後輩感があるのか?

坂本「(先輩後輩)ないでしょ」
菅野「ないです」
坂本「お前がないっていうな(っ'ヮ'c)
菅野はいい店しらん?って聞いたら、ありますよ、予約しときましょうかってやってくれるけど(俺は)ありますよって投げる。予約はおれはしないよってタイプ」


ピッチャー陣は仲が良いという話がでて、
坂本「ピッチャー仲いいって野手も仲いいですよ
きのうはじめて飯行ったんすけど(後輩達は)なにも聞いてこない」

菅野「おれのときもそうですよ
自主トレのときも」
坂本「なに にしに自主トレきたの?
(ルーキーのときは)
阿部さんとかにどういうきもちで打席にたってるのかききにいった」

菅野 「見てるだけでは絶対わからない 聞きにいかないと

落ち込むとか 失敗したらどうしようとかない

技術とか 自信があればメンタルが左右されることはない」

田中選手から身体について聞かれると

坂本「体幹を鍛えると腰痛もでにくくなる

一緒に練習したからといって別にうまくならないんで
(巨人は)野手が育ってない」
20代のレギュラーはキャップと小林だけ…

自主トレの費用はふたりが負担している

みながら ききながら 練習してほしい

え、次週?次週あんのか〜
コメント(0)


照ノ富士糖尿病なの、、、、
お大事に(p_q)
コメント(0)


ビオレのステマがとまらないんだけどほんとに効くのですか
コメント(0)


あのイヤホンだめだ
封印しよ
コメント(0)


640えんだった〜〜
コメント(0)